北欧雑貨・アンティーク北欧食器 Comfota(コンフォタ)
Entry / 最新記事
Category / カテゴリ
Tag / タグ
Archive / アーカイブ
Home   »  日々のこと  »  腰痛でピンチ!

腰痛でピンチ!

こんにちは、松村D(だんな)です。

先日、北欧から届いたダンボール箱をよいしょ!と整理してたら、
持病のギックリ腰が再発しました~・・・!

今までは友達の柔整師に見てもらう、または腰痛ベルトでなんとかやってきましたが、
友達も一度病院で診てもらうように言ってたし、
今回は店長が探した近所の整形外科に行くことに。

まず院長名にびっくり!
某お笑いコンビのつっこみと同姓同名。
漢字もまったく同じでした。

それに対するつっこみもそこそこに、えっちらほっちら受付を済ませ、
座ると立つ時が怖いので、座らずに待ちます。
さくさくっと診察を済ませ、初めての針治療をやってもらうことになりました。
何とかうつぶせに寝て、わけのわからないうちに針を打たれ、
電気を流され勝手に体が動くこと10分。いやはや不思議な体験でした。
勝手に体が動くんですから。
うつぶせに寝ていたので背中は見えないですが、おそらく背中にたくさんの
針が立っている状態だったはず。
でも、刺さっている感覚はほとんどないんですよね。
刺される瞬間に一瞬だけチクッとするだけで。

てきめんに効いたわけではわけではないけど、なんか気分はすぐれたような。


いやー癖になってしまったみたいで、今後また再発しないようにするには、
やはりストレッチみたいです。正直サボってました。
がんばってストレッチ続けます。



【北欧についてのひとことメモ】
ストックホルムのエレベーター(HISS)の扉はドアのような作りで、
ボタンを押すと手前にドアが開く。だから扉に当たってしまうことがある。
ヘルシンキでは日本のタイプと同じものが多かった。





関連記事

page top

Commnet
TrackBack
TrackBack お願いします。
Comment お願いします。

page top