北欧雑貨・アンティーク北欧食器 Comfota(コンフォタ)
Entry / 最新記事
Category / カテゴリ
Tag / タグ
Archive / アーカイブ
Home   »  コンフォタの引越し計画  »  【コンフォタの引越し計画】現地調査は大変だ―

【コンフォタの引越し計画】現地調査は大変だ―

こんにちは。お久しぶりのだんなのほうです。

数日間の言い争いとプレッシャーを乗り越え、やっと引越し先が決まったので、
遅れを取り戻すべく、リフォーム計画に突入です。

いくつかの気になったリフォーム屋さんに声をかけて、
部屋を見ていただくことに。
まだ所有者ではないので、鍵を貸してもらわなければならないし、
不動産屋さんにも来てもらわないといけないので、
一日にまとめて見てもらうことにしました。

決まってしまえば早く進めたいので、
あっちこっちに電話をかけてたら、
当日は午前中に物件の契約も重なり、
夕方から3社に来ていただくことに。

そして、当日。まずは契約。
始めて売り主の方と会うので、少しどきどきしましたが、
いい方で良かったー
契約なので、いろいろお話があって、気づけば
3時間ほど経っていました。。。
ここで、すでにぐったり。

CA3C0991.jpg

このあと昼食後に、周辺のアンティークショップを数店まわってから
現地に到着。

ほどなくして最初のリフォーム屋さんが到着。16時くらい。
排水のためのPS(パイプスペース)の位置の確認や、
その周辺の床の高さを確認したり。
排水は傾斜をつけてPSまでつなげるので
キッチンの移動の際に考慮が必要なんです。

希望を伝えたり、これができる、あれができる
いろいろ話して、いろんなところのサイズを測って
終了したのが、2時間後。

10分ほどして次のリフォーム屋さんが到着。
またまた、いろんな希望を伝えて、
終了したのが2時間後。

そして最後のリフォーム屋さんの現地調査が始まったのが
20時くらいから。。。
まだ暑さの残る時期で、もちろんクーラーもないし、
立ちっぱなしでフラフラ。

CA3C0996.jpg


時間節約もあったし、不動産屋さんにいちいち来てもらうことを
考えれば、一日でまとめたほうが良かったけど、
とにかく疲れましたわー
現地調査はある程度、希望が固まって、
伝えたうえですれば、短縮できたかもと。
今回は調整して、16時スタートになったけど、
午前中かもしくはお昼から始めれば、良かったです。
1時間くらいと見込んでいた時間も、実際には
2時間かかったのも誤算でした。
あっという間に時間がたってました。

さて、次は図面です!
どんな間取りになるのか、かなり楽しみです!
関連記事

page top

Commnet
TrackBack
TrackBack お願いします。
Comment お願いします。

page top