北欧雑貨・アンティーク北欧食器 Comfota(コンフォタ)
Entry / 最新記事
Category / カテゴリ
Tag / タグ
Archive / アーカイブ
Home   »  商品のこと  »  「BERSA」(ベルサ)豆知識

「BERSA」(ベルサ)豆知識

スティグ・リンドベリ/BERSA/キッチンタオル

「BERSA」(ベルサ)という、この印象的なグリーンの葉っぱのデザインは、北欧ファンでなくてもきっと見覚えがあるようなインパクトのあるデザインではないでしょうか。

もともと「ベルサ」とは、スウェーデン語で「緑に囲まれた小さなスペース」を意味します。例えば庭などにこういったスペースを作って、そこでお茶を楽しんだりする。それが、「ベルサ」の本当の意味なのです。自然が大好きなスウェーデン人ならではのネーミングですね。

このデザインは、元々1960年に、スウェーデンを代表する陶磁器メーカー、グスタフスベリから家庭用陶磁器の食器のデザインとして誕生しました。そして1974年までの14年間のみ製造されました。

このデザインは当時の家庭用陶磁器のデザインとしては非常に斬新で(今でも斬新ですよね!)、その常識をひっくり返すようなインパクトのあるデザインに、グスタフスベリ社内では実は製品化に反対の声も多かったそうです。ところが、実際に発売が開始されると大変な売れ行きで、多くのスウェーデン人たちの心をつかみました。

その後もスティグ・リンドベリは数々の名作デザインを生み出し続けましたが、この「ベルサ」のデザイン程、リンドベリを象徴するデザインはないと言われています。当時の陶磁器は現在ではビンテージのコレクターアイテムとして世界中で愛されています。

BERSAは正確には“BERSÅ”と表記します。ちなみに、Aのうえに小さな○が付いたこのスウェーデン語特有のアルファベット、実は「オー」と発音されます。そこで、本当のスウェーデン語の発音では正しくは「ベルソー」または「べショー」と発音されるんです。日本では、Aの上に○を付けたこのアルファベットを表記するのが難しいため、一般的に「ベルサ」の名前で親しまれています。

BERSA(ベルサ)の復刻版・ヴィンテージの商品一覧はこちら。
関連記事

page top

Commnet
TrackBack
TrackBack お願いします。
Comment お願いします。

page top