北欧雑貨・アンティーク北欧食器 Comfota(コンフォタ)
Entry / 最新記事
Category / カテゴリ
Tag / タグ
Archive / アーカイブ
Home   »  ヒラノのデンマークレポート  »  リーセフィヨルド~ヒラノのノルウェーレポート

リーセフィヨルド~ヒラノのノルウェーレポート

こんにちわ、デンマークのヒラノです。


今回はデンマークを少し離れまして、ノルウェーレポートをしたいと思います。
というのも、先月某テレビ番組「弾丸トラベラ○」より弾丸で
一人旅行でフィヨルドへ行ってきましたので、
そちらについてお伝えしたいと思います。


お恥ずかしい話、フィヨルドについて
「昔、教科書に載っていて勉強したな…」
程度の知識しかなかったヒラノですので、調べてみました。笑


「フィヨルド」…氷河による浸食作用によって形成された
複雑な地形の湾・入り江のこと、らしいです。
ノルウェー語からきている「fjord(フィヨルド)」ですが、北欧だけではなく、
ニュージーランドやカナダ、チリの南部地方にもあるみたいです。


ノルウェーでは数あるフィヨルドの中から数種類の有名なスポットを
フェリーで観光するツアーもあります。
(ソグネフィヨルドと言われる世界一長くて深いフィヨルドも含まれてます。)


-100万年前から氷河に削られて出来たくぼみに、
海水が流れ込んで出来たフィヨルドは
ノルウェーの魂を形作っている-

とまで言われているそうなので、ぜひ一度は行ってみたいですね。


…行ってみたいですね?
「あれ?行ったんじゃなかったの?」となりますよね。笑
貧乏で低予算でしかプランが組めなかったヒラノは、
最初に目にとまり1番行きたいと思っていた
600mの断崖絶壁「リーセフィヨルド」のみ行って参りました。


では、0泊3日弾丸レポートいきまーす!


まずコペンハーゲンからオスロまでバスで行きました。
スウェーデンを経由して8時間の道のりです。


こちらはオスロの街並と電車の待ち時間に唯一観光できたオペラハウスです。
oslo.jpg

opera-house.jpg



オスロは、北欧の中でもコペンハーゲンやストックホルムと違い、
静かでまだ自然がたくさん残っている印象でしたね。
ただ、モダンなビルも出来始めているので、
これからどんどん発展していくのではないでしょうか。


オスロからスタバンゲルという港駅まで今度は電車移動です。
この電車の中で夜を過ごします。一泊目?になるのでしょうかw


朝7:00着きました、スタバンゲル。
天気は残念ながら雨…。

stavanger.jpg



無事素晴らしい景色をみることができるのか?と多少の不安を感じながら、
ここからフェリー&バスでハイキング地点まで移動します。

ferry.jpg



いざ、ハイキングスタート!
約2時間、小雨の中がんばりました。いきなり険しい道のりが続きましたが…笑

hiking1.jpg

hiking-2.jpg



日本にいた時にここ3年連続で夏に富士山に登っていたのですが、思い出しました。
今年は富士山のかわりにリーセフィヨルドだーなんて1人でテンションが上がってしまいましたw


そんな感じで楽しく周りの人達とも励まし合いながら、無事頂上に着きました。

map.jpg



が、しかし!き、きり…ミストだらけ…。



がんばって霧がはれたタイミングで撮ってもこの様子。。。

mist.jpg



残念すぎるーーー


と思った瞬間、霧なくなりました。笑


来て良かった!登って良かった!と思った瞬間です。
絶景でしたー

view1.jpg



柵も何もない完全危険な頂上なのですが、周りの人たちはこのような様子です。笑

view2.jpg



こ、こんな崖なのにですよ?

viiew3.jpg



ヒラノもここぞとばかりに記念撮影させて頂きました。
(こちらのブログで初公開ですね、お恥ずかしいです。)

hirano.jpg



…(ゴ、ゴミ袋が邪魔です。。。)


ま、そちらは置いといて、とても貴重な体験ができました。
無事絶景を見れた達成感からか、帰りの足取りは軽く、
スタバンゲルの街並も来たときよりとてもきれいに見えましたw(単純なんです)

waterfront.jpg



スタバンゲルは港町なので、フィヨルドで獲れる新鮮な魚が味わえます。
また、石油の街としても有名です。
そのせいか、スタバンゲルに住んでいる方々はお金持ちが多いそうで、
ただでさえ物価が高いノルウェーの中でも物価はさらに高いそうです。


大ダメージを受けたヒラノはお疲れビールを飲み、スタバンゲルを去りました。笑
(新鮮なサーモンのかわりにバーガーキングを食べたことは内緒です。)


ここから電車9時間、バス8時間の道のりを繰り返し、
無事コペンハーゲンにたどり着くことができました。


とても素敵なところでしたので、機会があれば、
他のフィヨルドツアーにも参加したいと思いました。


次回はまたデンマークのレポートに戻りたいと思います…おそらくw


最後まで読んで頂きありがとうございました。


Vi Ses (see you)
ヒラノ
関連記事

page top

Commnet
TrackBack
TrackBack お願いします。
Comment お願いします。

page top